あな、いみじ

政権与党内の反体制力を見ているとね。

参議院選挙での民主党敗北について、与党内で党首や執行部への責任の追及がされている。

国政そっちのけで。

この国の政治屋さんには、「辞める」という責任の取り方はしても、「やり遂げる」という責任の取り方はしないらしい。

責任を全うするということだ。

選挙で敗北したのは、政権与党であり、党首では無い。まぁ、指導力や戦い方には大いに問題があったが。消費税増税や普天間基地移設など、印象の悪いネタにも事欠かなかったことも確かだ。
ことをうまく運んで御褒美をもらうのも、失敗して矢面に立つのも、民主党だ。

執行部への批判をしている政治屋さんは、国を良くする為になにかしたのか?
「責任を取れ」ではなく「私に政権を担当させてくれ」だったらOKだと思う
。ただし、周りが認めるかどうかハナハナギモンダガ。

解散総選挙なんてしなくていい。安定政権を築き上げ、国を再び安定した軌道にのせることが必要だ。
国民には、選挙権を行使した者として国政を監視する義務がある。

私は民主党の指示者ではないが、今の時点で政権を他に移すことは得策とは思えない。
[PR]
by hiro0919e | 2010-08-01 15:59 | 時事ネタ
<< 政は数合わせではありません 未曾有の「おかしさ」を考えてみる。 >>



なりゆき任せに過ぎて行く日々…
●おしらせ●
Link
BRR wave

を勝手に応援しています。

人気blogランキング
登録してみました。内容がよかったら、ぜひクリックしてあげてくださいm(_ _)m

ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧